1. ホーム
  2. 豊島区民社協事業一覧
  3. 生活福祉資金貸付事業

生活福祉資金貸付事業/豊島区民社協の事業案内

新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業で生活資金の事でお悩みの皆さんへ
受付期間が令和3年11月末まで延長になりました。
電話でのお問い合わせの受付は、午前9時~午後4時(土・日・祝日を除く)となります。

1 生活福祉資金貸付制度における支援について

社会福祉協議会では、低所得世帯に対して、生活費等の必要な資金の貸付け等を行う『生活福祉資金貸付制度』を実施しています。

本制度につき、新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業で、一時的な生活資金にお困りの方に向けた緊急小口資金及び総合支援資金(生活支援費)の特例貸付を実施いたします。

特例貸付の詳細は東京都社会福祉協議会のHPをご覧ください。

<緊急小口資金(特例貸付)・総合支援資金(特例貸付) >

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、お申込みは郵送での受付のみとなります。

  • お申込みをされる前に、必ずこちらをご覧いただき、貸付対象や必要書類などをご確認ください。同ページより、申請書類をダウンロードすることができます。
  • 申請書類の送付をご希望の方は、こちらよりお申込みください。
  • 申請書類は、下記宛てに送付してください。

※簡易書留やレターパック等(配達確認ができる送付方法)にて送付してください。

【連絡先・郵送先】

電話:03-6388-5017
受付日時:月~金曜日 午前9時~午後4時(土・日・祝日は除く)
郵送申請先:社会福祉法人豊島区民社会福祉協議会 特例貸付担当
(〒170-0013 豊島区東池袋1-39-2 豊島区役所東池袋分庁舎4階)

◆総合支援資金(特例貸付) 延長貸付について

延長貸付の申請受付は終了しました

◆総合支援資金(特例貸付)の再貸付について
■貸付対象 ※次の要件をすべて満たす世帯
  • 令和3年11月末までに、緊急小口資金及び総合支援資金の貸付が終了(予定も含む)すること
  • 新型コロナウイルスの影響による減収・休業や失業等により、現在、生活困窮状況にあること
  • 自立相談支援機関での相談や継続的な支援を受けること
■貸付金の送金
  • ご指定の金融機関口座(ご本人名義に限る)に1か月ごと分割で振込みます。
  • 申請から送金まで1か月以上時間を要する可能性があります。
  • 2か月目以降は、初回送金日に関わらず、毎月20日(土日祝日の場合は翌営業日)の送金となります。
  • 口座不備等により、貸付金を送金できなかった場合は、貸付を辞退したものとみなします。

再貸付の詳細については東京都社会福祉協議会ホームページをご覧ください。

尚、申請受付は郵送のみとなります。申請書類は、下記宛てに送付してください。
※簡易書留やレターパック等(配達確認ができる送付方法)にて送付してください。

【連絡先・郵送先】

電話:03-6388-5017
受付日時:月~金曜日 午前9時~午後4時(土・日・祝日は除く)
郵送申請先:社会福祉法人豊島区民社会福祉協議会 特例貸付担当
(〒170-0013 豊島区東池袋1-39-2 豊島区役所東池袋分庁舎4階)

2 中小企業・小規模事業者の相談窓口について

豊島区では、新型コロナウイルスの流行により、影響を受けるまたはその恐れがある中小企業・小規模事業者を対象として、としまビジネスサポートセンター内に特別相談窓口を設置しています。

中小企業などの相談についてはこちら

生活福祉資金

所得の少ない世帯・障がい者および介護を要する高齢者のいる世帯に対して、その世帯の生活の安定と経済的自立を図ることを目的に資金の貸付を行う制度です。この制度は、資金の貸付による経済的な援助にあわせて、地域の民生委員・児童委員が資金を借り受けた世帯の相談支援を行います。

①福祉資金 障害者自動車、住居の移転、出産・葬祭等に必要な経費など
②教育支援資金 学校教育法に規定する高校、専修学校、大学等の授業料などに必要な費用
③緊急小口資金 医療費の支払いや火災などの被災によって生活費が臨時に必要。その他、年金・失業給付など支給開始までなどに必要な場合。

総合支援資金

失業者等、日常生活全般に困難を抱えた世帯の生活の建て直しのため、継続的な相談支援と生活費及び一時的な資金の貸付を行う制度です。

①住宅入居費
(住居確保給付金申請者のみ対象)
敷金・礼金等、住宅の賃貸契約を結ぶために必要な費用
②一時生活再建費  
(生活支援費又は住居確保給付金申請者のみ対象)
低家賃への転居費用、家具什器費(新規エアコン購入貸付可)、現在居住の公共料金の滞納などの支払い
③生活支援費 生活再建に向け、就職活動等行う間の生活費
※臨時特例つなぎ資金
(住居喪失の離職者のみ対象)
公的給付制度等が受理され、かつ当該給付等までの生活費に困窮されている方への貸付

不動産担保型生活資金

自己所有の不動産(土地・建物)に将来にわたって住み続けることを希望する低所得の高齢者に対し、その不動産を担保として、生活資金を貸し付ける制度です。

①不動産担保型生活資金 集合住宅は対象外、65歳以上の高齢者世帯が対象
②要保護世帯向け不動産担保型生活資金 この制度を利用しなければ生活保護の受給が必要であると福祉事務所が認めた世帯

これらの貸付は、東京都社会福祉協議会の制度で、業務の一部を受託して実施しています。相談・申請にあたっては、生活状況の聞き取り、書類の提出、制度によっては、民生委員・児童委員の面接や審査に時間を要するもの等があります。貸付には一定の条件があり、対象とならない場合もあります。

資金種別等の詳細は、東京都社会福祉協議会のホームページをご覧ください。
東京都社会福祉協議会 生活福祉資金貸付事業

問合せ

豊島区にお住いの方の資金のご相談・お申込みは、豊島区民社会福祉協議会(下記)までお問合せください。

総務課 貸付担当
〒170-0013 豊島区東池袋1-39-2豊島区役所東池袋分庁舎4階 生活福祉資金貸付事業担当
問合せ先はこちら(相談受付時間 8:30~16:00)

このページの先頭に戻る

  • 目的から選ぶ
  • 暮らしのサポート
  • 貸出サービスを利用したい
  • 講座・イベント
  • ボランティアの情報
  • 寄付・募金をしたい
  • 地域活動のサポート
  • 豊島区民社協動画で早わかり
  • 豊島区社会福祉法人地域公益活動「福祉なんでも相談窓口」
  • 2019年度 第1回区民ミーティングを開催します
  • 社協会員募集
  • 地域福祉活動計画を推進しています
  • 事業一覧
  • リンク集
  • 広報誌バックナンバー
  • 交通アクセス

豊島区民社会福祉協議会

〒170-0013
豊島区東池袋1-39-2
豊島区役所東池袋分庁舎3・4階

TEL 03-3981-2930
FAX 03-5954-7105
MAIL chiiki2@a.toshima.ne.jp

開設時間 月~金 8:30~17:15
(土日祝日、年末年始を除く)