1. ホーム
  2. 社会福祉協議会とは

社会福祉協議会とは

豊島区民社会福祉協議会は、地域福祉の推進を図ることを目的とする社会福祉法人で、「豊島区民社協」とも呼ばれています。子どもから高齢者、障害のある人もない人も誰もが安心して暮らせる「福祉のまち」を実現するために様々な事業を行っています。
社会福祉協議会は、社会福祉法に基づき、国、各都道府県、各市区町村にそれぞれ設置されています。

沿革

豊島区民社会福祉協議会は、昭和28年(1953年)に「豊島区の実情に即して社会福祉活動を区民自らが推進する」ために篤志家により設立され、昭和37年(1962年)に社会福祉法人として認可されました。

活動の内容は、時代や世相、社会状況などにより大きく変遷してきました。戦後間もない発足当初は、孤児、貧窮、衛生対策を行っていましたが、現在では会員制有償在宅福祉サービス『リボンサービス』や、判断能力の低下により意思能力が十分でない方に金銭管理などのお手伝いをする『地域福祉権利擁護事業』といった在宅福祉サービスを中心に展開しています。

各時代において社会福祉の制度のすき間を埋めながら、行政では対応できない分野で、多くの区民、町会・自治会、福祉団体、学校、企業、行政と一緒に活動を進めています。

根拠法

社会福祉法(抜粋)

第109条(市町村社会福祉協議会及び地区福祉協議会)
市町村社会福祉協議会は、一又は一都道府県内の二以上の市町村の区域内において次に掲げる事業を行なうことにより地域福祉の推進を図ることを目的とする団体であって、その区域内における社会福祉を目的とする事業を経営する者及び社会福祉に関する活動を行う者が参加し、かつ、指定都市にあってはその区域内における地区社会福祉協議会の過半数及び社会福祉事業又は更生保護事業を経営する者の過半数が参加するものとする。

  1. 社会福祉を目的とする事業の企画及び実施
  2. 社会福祉に関する活動への住民の参加のための援助
  3. 社会福祉を目的とする事業に関する調査、普及、宣伝、連絡、調整及び助成
  4. 前三号に掲げる事業のほか、社会福祉を目的とする事業の健全な発達を図るために必要な事業

◆豊島区民社協の運営目標◆
豊島区民社協は、子どもから高齢者まで誰もが安心して暮らせる地域づくりに向けて、

  1. 支え合い、助け合いの気持ちが育まれるよう各種の事業を行います。
  2. 区民へ豊島区民社協への参画を促すとともに、幅広く各分野の団体等と連携し、豊島区内に福祉のネットワークをつくります。
  3. 支援を必要とする区民に対し、その人の抱える困難を理解するとともに、その人らしさを尊重する立場に立って支援サービスを心をこめて行います。
  4. 豊島区民社協の運営及び事業経費は、多くの区民の善意によって賄われていることを常に忘れず、その善意を生かすよう、効率的な執行に努めます。

創立60周年式典の様子はこちら

役員紹介

こちらをご覧ください。

個人情報の取扱い

社会福祉法人豊島区民社会福祉協議会 個人情報保護に関する方針をご覧ください。

法人運営関係資料

事業、会計関係資料

豊島区民社会福祉協議会では、様々な団体と協定を結んでいます

このページの先頭に戻る

  • 目的から選ぶ
  • 暮らしのサポート
  • 貸出サービスを利用したい
  • 講座・イベント
  • ボランティアの情報
  • 寄付・募金をしたい
  • 地域活動のサポート
  • 豊島区民社協動画で早わかり
  • 豊島区社会福祉法人地域公益活動「福祉なんでも相談窓口」
  • 豊島区民社協からのお知らせ
  • 社協会員募集
  • 地域福祉活動計画を推進しています
  • 事業一覧
  • リンク集

豊島区民社会福祉協議会

〒170-0013
豊島区東池袋1-39-2
豊島区役所東池袋分庁舎3・4階

TEL 03-3981-2930
FAX 03-5954-7105
MAIL chiiki2@a.toshima.ne.jp

開設時間 月~金 8:30~17:15
(土日祝日、年末年始を除く)

  • 広報誌バックナンバー
  • 交通アクセス